iMessageステッカーを無料で配信したら有料アプリの売り上げが1.5倍に!米App Storeでフィーチャーされた結果はいかに!?

10/10/2016 Leo Rivas(リオ・リーバス) 0 Comments


iOS 10からiPhoneの標準メッセンジャーアプリ「iMessage」にステッカーが追加されました!早い話がLINEスタンプみたいなものです。

そこで、以前LINEスタンプとして販売していた「犬のスタンプ」をそのままiMessageでも配信してみる事にしました。このスタンプの制作には100時間以上かけているので、本当は有料で販売したい気持ちもありましたが、すでにLINEスタンプとしてそれなりの収益を得ていたのと、たぶん有料で売っても人気ステッカーに負けて埋もれるだけだろうと考え、最初から無料ステッカーとして勝負する事にしました。

ステッカー自体には広告も貼れないので収益性は完全にゼロですが、多くの人にダウンロードしてもらえれば、そこから自分の他のアプリを知ってもらえる切っ掛けになる可能性に賭けてみました。

結果、思い切った決断をした甲斐があって、iOS 10のリリースと同時にアメリカ含むいくつかの国のApp Storeでフィーチャー(おすすめ)してもらう事ができ、最初の数週間で11万ダウンロードを達成しました!

スターウォーズ、Angry Birds、ディズニー・キャラクターなどが勢ぞろいするラインアップの中に自分のステッカーが含まれていたのには驚きました。更にランキングでも頑張ってくれて、しばらくの間、U.S.のストアで「スターバックス」や「キティー」、「クロッシーロード」などのメジャーブランドに負けずに奮闘していました。

アプリの世界では話題作だと100万ダウンロード、1000万ダウンロードなどとよく聞く数字なので、10万ダウンロードなんて大した事ではないように思うかもしれませんが、個人的には結構な快挙です。もうすぐでアプリ開発をはじめてから8年経ちますが、これまでに自分の作品で10万ダウンロードを超えたのは実はFusionCalcとMagicReaderだけだったりします。完全に一人で作ったアプリに限ればFusionCalcの次に多くダウンロードされたという事になります。

0 コメント: